高専生の彼女の作り方!出会いを作るための13の方法!

高専生彼女作り方 彼女の作り方

高専生の彼女の作り方/学校の中で作るのはほぼムリ

高専生 彼女 作り方

高専という学校は、在籍している学生さんならご存知の通り、特殊です。

学校によっては、男女比が極端に偏っていたりすることが多いですよね。

学科によっては、女子が一人もいないこともあります。

そういった学校に通っている女子の立場では、逆ハーレム状態なので、彼氏の作り方などで悩む必要もないでしょう。

このような状況の中で、他の男子と少ない女子学生を獲りあっても、彼女がなかなかできないのは当然。

万が一、同じ学校の高専生の女子が気に入って、彼女にしたいと思った場合、その他の男子もその女子を狙っている事が多く、たくさんのライバルからその女性を勝ち取って彼女にする必要があります。

高専生の彼女の作り方/アルバイト先で作る

高専生 彼女 作り方

高専に通う男子の彼女の作り方として、最もベーシックなのが、アルバイト先での出会いです。

ありがたいことに、アルバイトは自由にできますし、原付や車の免許も年齢が来れば取得することが可能。

一般的な高校生と比べたら、行動範囲が広くなります。

高専生は、どこのバイトに応募しても採用されやすい

また、高専がある地域では、それなりに「高専の学生は真面目」というイメージを持たれています。

そのために、アルバイト先は結構選びたい放題。

面接に行くと、喜んで採用してもらえることがほとんどです。

塾講師や家庭教師のアルバイトも、出会いが多い

また、高専生は塾講師や家庭教師のアルバイトをすることも多いのですが、これも彼女の作り方の一環として認識しましょう。

塾に通う女子高生と付き合うこともありますし、家庭教師先の教え子のお姉さんが彼女になることもあります。

他校の女子が働いているところを、バイト先に選ぼう

高専生 彼女 作り方

かといって、おじさんばかりの工場などに行ってはいけません。

なぜなら、そこには女子との出会いが無いからです。

彼女の作り方を真剣に考えるような学生は、アルバイト先を飲食チェーン店やカフェ、娯楽施設などから選択すべきです。

そのようなアルバイト先には、他校の女子高生や女子大生もたくさんいることが多く、彼女の作り方としては最有力候補です。

社会的信頼性が強いので、高専生はどこで働くにも歓迎される

高専に通う学生は親御さんからの信頼が厚く、中には「うちの娘と付き合ってよ」と冗談とも本気とも取れる申し出があることも。

いつ、どこで、どんな出会いがあるか分かりませんから、常にアンテナを張っておく必要がありますね。

高専生の彼女の作り方/中学時代の同級生と遊ぶ

高専生 彼女 作り方

高専生は、中学卒業と同時に親元を離れ、学校の寮で集団生活をしたり、アパートで独り暮らしをする学生が大半です。

実家に帰って幼馴染と遊べるのは、夏休みなどの長期休暇の時だけ。

この里帰りは、彼女の作り方として大切に扱うべき機会です。

幼馴染や中学の同級生の遊びの誘いは、絶対に断るな

久しぶりに実家へ帰ると、幼馴染や中学の同級生などが誘ってきます。

その時に、絶対に誘いを断ってはいけません。

中学時代は何とも思わなかった女子が、大変身してるかも

高専生 彼女 作り方

みんな高校生になって、中学時代のあの娘がこんなにも変身するなんて!という驚きとトキメキの連続だからです。

男子ばかりの高専で過ごすうちに、女子に対する免疫が失われていることも加わって、中学校の同級生の女の子が、可愛く見えて仕方がないはず。

お互いに成長した姿を見あって、恋に発展することも。旧友の誘いは断らない。

彼女の作り方の鉄則です。

同年代の彼氏募集中の女の子を、紹介してもらえる可能性もある

高専生 彼女 作り方

更に、幼馴染が現在通う高校の女子を、彼女候補として紹介してくれることもあります。

このパターンも重要な彼女 作り方の1つです。

中学の同級生とは違って初めて会う女子ですから、胸が高鳴ることでしょう。

他校の子と付き合うなら、遠距離恋愛になることは覚えておく

ただ、気になる女子が現れても、基本的には遠距離恋愛の関係になります。

もし、その女子が高専近くへ遊びに来てくれると、例え日帰りであってもちょっとした旅行気分に浸ることができ、二人の距離もぐっと近くなること間違いなし。

帰り際の駅での別れは、二人の心に火をつけて恋へ発展することも十分考えられます。

実家を離れて高専へ通うという、特別な生活スタイルだからこその、彼女の作り方と言えるでしょう。

高専生の彼女の作り方/他校の文化祭も出会いのチャンス

高専生 彼女 作り方

さらに、高専の文化祭で他校の女子学生を狙うという方法もあります。

年に一回開催される高専祭は、家族や他校からの学生などが大勢押し寄せます。

出し物は、工学系の勉強に関するものから飲食店、お化け屋敷、そしてクラブなど様々。

芸能人のコンサートが開催されることもあります。

誰しもが心躍るそんなお祭りの時に、学校で勉強している内容を紹介する出し物などに従事してはいけません。

女子は工学に興味なんて全くないのですから、来るのはおじさんばかりなのです。

彼女の作り方を模索している男子は、女子が群がってくる飲食店や娯楽施設の担当をするべきです。

特に、クラブなどのチャラチャラした施設の担当者になれば、女子の方からアプローチがありますよ。

関連記事

      タイトルとURLをコピーしました