高校生の彼女の作り方!欲しいけどできない人の7の戦略!

彼女の作り方

高校生となると周りでも恋人がいるというのが普通になってきて、高校生で彼女ができないと焦ってしまいがちです。

高校生で彼女が欲しい場合に多くの人が同じ学校内で探そうとしますが、同学年などでは意識をしすぎたり、噂を気にしてしまうというケースも少なくはありません。

高校生の彼女の作り方、学内で作るコツ

自分の趣味や得意分野を、日頃から周囲にアピールする

高校生で彼女ができない男子がするべきなのが、自分の趣味やアピールポイントを積極的に周囲に知ってもらうことです。

高校生で彼女が欲しいなら、あなたがどのようなことに興味を持っているのか、どのような魅力のある人物なのかを周囲にどんどんアピールしていくことが必要です。

同じ趣味を持っている女子から、声をかけてもらえる

自分が好きな趣味について知ってもらえれば、同じ趣味を持っている女子から声をかけてもらえたり、趣味を介して仲を深めていくことができます。

何にも趣味がない人より、好感を得られやすい

自分のアピールポイントを周囲に知ってもらうことで、そこに魅力を感じたり興味を持った女子からアプローチをかけてもらえることもあります。

高校生の彼女の作り方としては、このようにどんどん自己アピールしていくのが効果的です。

自分のことについて周囲に知ってもらえるよう努力しましょう。

男子グループと女子グループで、合同で交流する

女子も男子同様に、彼氏が欲しいと思っているものの、男子に話しかけたりすると噂になるのではないかと恐れる人も少なくはありません。

そこでおすすめなのが、女子グループで男子グループと、まずはグループ同士で仲良くなる方法を試すということです。

同じ部活での関係や、共通の趣味があればそれを活かす

スポーツが得意な男子グループなら、「~っていう選手見てから気になったら教えて」と声をかけてみたり、スマホゲームの話などを持ちかけると意外とすんなりと会話でき、連絡先の交換となり得ます。

最初から恋愛目的で絡もうとしないことが大切

高校生で彼女が欲しい場合は、同じように彼女が欲しいと願っている人との協力も大切です。

高校生で彼女ができない人の多くが、女子と上手くコミュニケーションが取れないケースが多く、学校で気になる女子はいるけれどなかなか接近できないと悩まれていることも多いはずです。

そこで大切なのは、ナチュラルに仲良くなることです。

高校生の彼女の作り方では、始めから恋愛感情で接近しないということが大切となってきます。

男同士でずーっと一緒に行動する習慣をやめてみる

高校生で彼女ができない人の多くは、ついつい男子同士の友情を優先してしまいがちです。

高校生というの男子校ではない限り、出会いのチャンスは社会人よりも多いのですが、そのチャンスを活かしきれていないというのがほとんどです。

学校内で溢れている出会いのチャンスを活かすためには、自立をするということが大切です。

同性とばかり一緒にいる男子は、女子から声がかけづらい

いつも男子と一緒にいて、どこに行くにも何をするにも友達とでないと不安だという人も多いはずです。

そのため、友達がいる部活に入って、係も掃除も常に男子と一緒だと、女子が声をかけにくい状況にもあります。

高校生で彼女が欲しいのであれば、学校内での行動にも注意が必要です。

女子が話しかけやすい、「隙」を作ることが大切

男友達と急に離れるのは不安かもしれませんが、移動教室での移動や休み時間に一緒に過ごすことを避ける必要はありません。

ただ、友達がやらない委員に入ってみたり、学校内で自立できる時間を設けるようにすることが、高校生の彼女の作り方の心構えとして必要です。

高校生の彼女の作り方、出会いがない場合

高校生で彼女が欲しいと考えている人は多いのではないでしょうか。高校生で彼女ができない人の多くは、出会いを活かす力不足であると言えます。

共学の場合などでは、高校生の彼女の作り方としては、同じ学校での出会いに期待するというのが一般的です。

他のクラスの女子も狙うなら、部活や委員会活動をする

同じクラスではなくても、他のクラスとの交流を利用することも大切です。

しかし、一見男女共学の高校であっても、話をする人というのは限られているものです。

用事もないのに異性に話しかけるのは、高校生だからこそ難しいところがあります。

そのため、部活に入ったり、委員会に入るなど他の生徒と交流を持てるような取り組みを意識することが大切です。

部活動や委員会活動では他のクラスメイトや他の学年とのコミュニケーションが取れますので、自然と女子とも仲良くなれます。

知らない学年の人と話すのが苦手だと、委員会などから逃げていると自然と出会いのチャンスを逃してしまいます。

性別に関係なく、友達は広く持っておくべき理由

高校生で彼女ができないことに悩んでいる男子におすすめしたいのが、まずは同じ男子から交友関係を広くしてみることです。

同性の友達から、女の子を紹介されることもあるから

男子の友達が増えることで、友達を介した女子との出会いのチャンスを増やすことができます。

自分だけの力では何人もの女子と接点を持つことは難しいですが、たくさんの友達がいれば気になる女子を紹介してもらえることもあります。

いきなり女子に声をかけるのはハードルが高いという場合には同性の友達を増やすところから始めてみましょう。

彼女が欲しいことを公表しておけば、周囲の協力が得られるかも

高校生で彼女が欲しいなら、周囲に彼女を探していることを伝えておくのもおすすめです。

あなたが彼女を欲しがっていることを友達が知っていれば、付き合えそうな女子との出会いの機会を作ってくれることもあります。

高校生の彼女の作り方としては非常に手軽なのでぜひ試してください。

塾や予備校は、他校の女子と出会える貴重な場所

高校生であれば、大学の受験のために予備校や塾へ通っている人も多いはずです。

高校生で彼女が欲しいのであれば、塾なども出会いの場所という認識を持つことが大切です。

高校生というのは微妙な年頃でもありますので、なかなか異性には声が掛け難いかもしれませんが、勉強関連で声をかけてみるのもおすすめです。

また、他校の女子が気になったら、その高校のことを調べて話のキッカケにするのもポイントです。

話し掛けらるのを待っていてはせっかくの出会いも無駄になりますので、積極的に声をかけることも時には大切です。

地域のボランティア活動も、他校の女子と出会える

ボランティアなどを通じて高校生でも彼女ができたという人も少なくはなく、町の清掃活動や捨て犬や捨て猫の譲渡会のボランティアなどに参加をすることで、高校生でも彼女となる人との出会いを期待できます。

高校生の彼女の作り方にはプラスとして自分のためになることが多いですので、自分の魅力を高めるという意味でも取り組むことが必要です。

バイト先では、年上、年下、そして同い年とも出会える

高校生で彼氏が求めている女子は、バイト先での出会いに期待していることも多いです。

中にはアルバイトを禁止している学校もありますが、アルバイトが許可されているのであればアルバイトを始めてみるのも、高校生の彼女の作り方としておすすめです。

女友達だけでも作っておけば、可愛い子を紹介してもらえるかも

アルバイトをすることで年上の女性との出会いも期待できますし、例えバイト先に彼女候補となるような人がいなかったとしても、同じバイト先の人と仲良くなることで、紹介してもらえたりと出会いの幅が広がります。

女友達という存在は、味方につけると非常に役に立つ

高校生で彼女ができない人は、出会いを上手く活用することができていないことが多いです。

そのため、男女問わず、恋愛においてサポートをしてもらえるような相手を見つけるということも必要です。

その点から見ても、高校生で彼女が欲しいのであれば、さまざまな年齢の人と知り合えるバイトを始めるのは有効的な方法です。

SNSを使って出会う方法は、おすすめしない

高校生の彼女の作り方でおすすめ出来ないのは、SNSなどを利用する方法です。

近年では、彼女が欲しいと思い立った時に、SNSに頼ろうとする高校生も多く見受けられますが、なぜ、あまりおすすめできないのか。

それは、良いなと思える人を見つけたとしても、会ってみたら全然印象が違うということが、あまりに多いためです。

高校生で彼女ができない人は、直接の出会いを活かすことが苦手であるため、ネットでの出会いを求めようとします。

しかし、高校生の彼女の作り方としては素性がしっかりと分かるような出会い方を求める方が安心です。

男子校の人は、人脈を広げて女子と出会うべき

高校生で彼女ができないと悩んでいるあなたは、そもそも素敵な出会い自体がないのかも知れません。

高校生で彼女が欲しいと心から思っていても、出会いがなければ彼女なんてできるわけありませんからね。

共学なら女子と出会える機会もたくさんあるでしょうが、特に男子校なら女子と出会うことも難しいでしょう。

男友達をたくさん作り、女子を紹介されることを狙う

そんな悩める男子は、積極的に学校以外の出会いに目を向けて見るのはいかがでしょうか?

中学の同級生とそれぞれの友達を集めて遊びに出かけて見る、友達に紹介してもらうといった方法をとれば、同年代の彼女ができるかも知れません。

アルバイトが禁止でなければ、他校の女子と出会えるかも

また校則でアルバイトが禁止されていないのであれば、アルバイトを始めて見ると言うのも良いでしょう。

女性と出会う機会を増やす、これも高校生の彼女の作り方の鉄則です。

高校生で彼女が欲しいなら、まずやっておくこと

清潔感を整えることは、何よりも大切

高校生で彼女ができないと悩んでいる男子に、高校生の彼女の作り方としておすすめしたいのが、清潔感を保つことです。

不潔感があると、スタートラインにすら立てない

高校生で彼氏が欲しいと考えている女子のほとんどは、彼氏候補となる男子に清潔感を求めています。

髪型や服装をばっちり決めていたとしても、女子は意外と細かいところまでチェックしていることが多いです。

そして、細かいところで身だしなみが整っていなかったりすると、あまり近づいてもらえません。

イケメンかどうかよりも、不潔感がないことが大切

彼女が欲しいと考えているなら、見た目にこだわるよりも先に、清潔感を意識するようにしてください。

髪の毛がぼさぼさになっていないか、服に小さなシワができていないかといった、細かな点に気を配って身だしなみを整えるようにしましょう。

高校生となると周りでも恋人がいるというのが普通になってきて、高校生で彼女ができないと焦ってしまいがちです。

自分に合う髪型を研究しておこう

今までのヘアスタイルが微妙だと感じるなら、思い切ってパーマにしたり、カラーリングを入れてみるのも良いでしょう。

校則で禁止されていないのであれば、垢抜けるチャンスになるかも

もちろん、校則的にNGな場合は無理ですが、例えばツーブロックなどであれば、校則的にもギリセーフという高校も多いでしょう。

そして何より、女子ウケが良い髪型の代表例とも言えます。

自分の好みよりも、女子ウケするかどうかを基準に髪型を選ぶ

高校生で彼女が欲しいと思っているのなら、積極的に女子ウケする髪型を取り入れてみると良いでしょう。

自分はブスだからと言ってヘアアレンジをせずに居るよりも、髪を切ったりアレンジする事は自分にとっても気分転換となり、明るい印象を相手に与えられるキッカケでもあります。

高校生で彼女ができない男性の中には、自分から告白ができないでいる場合があります。

女子のほうから告白をさせたいと考えているなら、まずは自分磨きをする事も重要です。

高校生の彼女の作り方、好きな人がもういる場合

待っているだけではダメ、自分から声をかける

高校生の彼女の作り方のコツ、それは自分から女子に声をかけることです。

男性であれば、女性からアプローチして欲しい、と思う気持ちもあるでしょうが、そこはグッと我慢して、こちらから話しかけてみましょう。

女子のほうからは、男子に声をかけづらい

思春期の女子はとても繊細です。

あなたのことを「かわいいな、仲良くしたいな」と思っていても、色々な感情が邪魔をして、なかなか向こうから声をかけてくることは少ないです。

これが大学生ともなると、女性の方から積極的に声をかけてくるようになりますが、高校生では難しいものです。

一度、気軽に話せる関係にさえなれば、後が楽

高校生で彼女ができないと悩んでいるのであれば、あなたの方から話しかけてあげましょう。
すると、喜んで返してくれるはずです。

一度、普通に会話できる環境を作ってあげれれば、あとは勝手に女子の方から話しかけてくれるでしょう。

高校生で彼女が欲しいのであれば、自分から好きな女子にアプローチしてみましょう。

1日に1度は、必ず会話をするようにする

同じ学校に意中の女子が居る場合は、毎朝の挨拶や何気ない会話を重要視して、一日一度は言葉を交わす努力が大切です。

学校で話しかけるのが難しければ、LINEでもいい

近年では、LINEやTwitterも普及して、アプリを通して気軽にメッセージのやり取りが可能ですが、目を見て話す事は相手を知るためにも必要です。

日々の会話を弾ませていけば、自然と学校以外でも話したい欲求が芽生えてお互いに家に帰ってからもメッセージのやり取りができるでしょう。

必要以上に躊躇してしまうのは、損なだけ

高校生で彼女ができないと悩む女子は、気恥ずかしさが勝り自分から声を掛けられずにいたり、行動が起こせていない場合があります。

LINEに関しても、相手の都合を考えて送るのを躊躇してしまう事がありますが、距離を縮める努力をしなければ現状は何も変わりません。

高校生の彼女の作り方は、大人と同様でアピールや努力、駆け引きも鍵となって来ます。

頻繁に連絡を取りすぎず、程よい早さと頻度を心がける

意中の相手と連絡先交換ができた後、浮かれて即返信を送ってしまいがちですが、数回に1度は返信を遅らせましょう。

すぐ返信をしすぎると、恋愛対象というより友達止まりになりがち

いつでも返事を直ぐに返せる相手だと思われてしまうと、徐々に恋愛対象よりは友人や相談相手として都合の良い相手になってしまう場合も充分にあり得ます。

適度に返信を遅らせれば、相手の関心を引くことが出来る

こちらが主導権を握るためにも、高校生で彼女が欲しいなら、相手に「どうして返事が遅いんだろう?」「早く来ないかな?」とそわそわさせてしまう方が相手側の熱も高まります。

高校生で彼女ができないと悩む女子に多いのが、駆け引きができない事です。

しかし、やりすぎな駆け引きはウザがられることもある

もちろん、相手側も返事を止められたり、駆け引きに関しては不満を抱く人が居ますが相手側の恋愛に対する意欲と自分の意欲が同じでなければ進展は難しいので、相手の出方を見て臨機応変に対応をしましょう。

もしも、相手側から返事が遅い理由を問われたら「ごめんね」と一言添えて、用事があったことを伝えるだけでも高校生の彼女の作り方の駆け引きとしては充分、効果があります。

男女複数人で、どこかに遊びに行く

高校生の彼女の作り方は学校という限られた空間だけではなく、外でチャンスを掴むことも大切です。

好きな人が既にいる場合は、友人達を巻き込んで一緒に遊びに行く計画を立ててみましょう。

男子の私服姿に、ときめく女子は意外と多い

学校では校則もあり、髪型や服装でアピールをする事は難しいですが、外に出てしまえば自分の魅力を最大限に引き出せるチャンスがあります。

普段の制服とは違う自分を知って貰う事で、ギャップもあり高校生で彼女が欲しい男子にとっては絶好のアピールできる場でもあります。

男同士で上手く連携して、戦略的に狙う

その為には、周囲に自分が誰を好きなのかを打ち明ける必要性がありますが、高校生で彼女ができないと落ち込むよりも行動力を大事にする方が彼女を作る事が可能です。

協力者がいると心強さもあり、自信を付けられるので勇気を出して打ち明けてみましょう。

セクハラにならない程度の、さりげないボディタッチ

高校生で彼女ができない男子は、普段、女子への接し方はどのような行動を取っているのでしょうか?

相手からのアピールや告白を待つだけでは、何の進展も得られないません。

恋愛対象として意識させるのには、有効な方法

そこで、自分からさり気なくアピールをして、女子に自分を恋愛対象として意識してもらいましょう。

さり気ないアピールの具体例としては、ボディタッチなどがあります。

勿論、ボディタッチをするのは意中の女子だけに留めておきます。

相手の女子に自分が好意を持っている事を知らせておくだけでも、女子側も「もしかして…」と行動を取りやすくなるのです。

女子側から告白をしやすい状態を作ることが出来る

高校生の彼女 作り方で最も大切なのは、女子に告白をしても大丈夫だと自信を付けさせるためで、恥ずかしがらずにボディタッチをしてみましょう。

ボディタッチをする事で女子側の反応を見る事ができ、自分に脈があるかどうかもチェックできるのでおすすめです。

告白されるのを待っていると、友達止まりで終わる

告白は高校生で彼女ができない男子にとって、勇気の必要な行動ですが、気持ちを伝えなければ「友達」からの距離感は一向に変わらないままです。

どうしても高校生で彼女が欲しいと思っているのなら、相手からの告白を待つのではなく、自分から告白をしてみましょう。

返事を保留にされても、異性として意識されるキッカケとなる

告白をしたことでOKを貰えるケース、返事を保留にされてしまっても告白をキッカケに意識してもらえる効果も充分にあります。

勿論、断られてしまうケースもありますが、後に相手側から告白をされるケースもあるので、簡単に諦めたりしない気持ちが大切です。

根気強い押しに負けて、惚れてしまう女子もいる

告白は気持ちを伝えてゴールではなく、そこからの努力次第で良い方向へ転がせます。

高校生の彼女の作り方で最も必要なのは受け身ではなく、アピール力です。

押しに弱い女子もいるので、遠慮せずに気持ちを打ち明けていきましょう。

 

関連記事

      タイトルとURLをコピーしました